Fil et tissu blog

Fil et tissu -糸と布-

未知への恐怖からのぼやき。

得意なことを仕事にしてはいけないってね。

得意になるためには

人は努力するしがんばっちゃうんだよねー


自分ががんばって手に入れたから

他の人もがんばれば同じように手に入れられるとか思っちゃってそう要求する


んで、それが叶えられないと腹が立ってくる。

それって他の人がどうとかあんまり関係なくって

結局は自分が「努力」してるから「おめーもやれよ!不公平だろが!」て八つ当たりしてるだけで。



悪循環。




そうならないために

どしうたらいい?って

そりゃ好きなことする。でしょー


何百何千何万時間やってても

そんなに苦にならないことをする

身体は疲れても心を麻痺させなくても

できることをする

なにもしなくてもいいよーって言われた時

義務感やら体裁やら関係なく

なんかしらんけどやってしまってるって

ことだよなー


ていわれても何かわからんっていうか

それを選んだとして

なんかとんでもないことになったらヤダなー

未知に飛び込むのは勇気いるなー

とかなんとかぐるぐるするんだな。

「選んでみたものの違ってた!」てなるのが

怖いんだよな。

したら違わなくなるまでやればいいんだ。

やってるうちに気づいたら怖くなくなるんだよ。

そういうもんだ。


とかなんとか言って

また自分の動きが止まってる慰めをしてるのさ。